バッグ(カバン)の梱包方法|初心者でもわかる梱包の基本

「フリマアプリでカバンが売れたけど、梱包のやり方がわからない」

「なるべく費用を押さえて、発送できるように梱包したい」

今回はそんな初心者の人に向けて、簡単なバッグ(カバン)の梱包方法をご紹介します。

梱包のコツを押さえておけば、評価が下がったり、トラブルに巻き込まれたりすることも減らせるので、本記事の内容をしっかり覚えてくださいね。

バッグ(カバン)の梱包に必要なもの

バッグの梱包に必要なものは以下の通りです。

商品が売れる前に準備しておけば、商品発送も楽にできますよ!

段ボール

バッグを発送する際は、商品の破損や欠品を防ぐためにも、段ボールを用意しましょう。

また、段ボールはバッグのサイズに合ったものを選ぶことが重要です。

サイズが合っていない段ボールで発送すると、配送中に段ボールの中のバッグが大きく揺れてしまいます。

梱包の不備で起こった商品の損傷は、自己責任になるので注意してください。

緩衝材

緩衝材とは、梱包容器の隙間を埋めたり、衝撃を吸収してくれたりするものです。

緩衝材としてよく使われるものに、エアーパッキン(プチプチ)があります。

エアーパッキンは商品の梱包に最適ですが、新聞でも代用することが可能です。

ガムテープ、養生テープ

梱包にとって一番重要なのは、ガムテープや養生テープ。

段ボールがしっかり止められていないと、商品の配送中に中身がこぼれてしまうことも。

太めのガムテープや養生テープで包めばしっかりと梱包できるでしょう。

バッグ(カバン)の梱包方法「段ボール活用編」

段ボールを活用した梱包方法は初心者におすすめです。

①不織布バッグで包む

バッグは通気性のある不織布で包みましょう。

また、不織布がなければ、OPP袋でも代用可能です。

型崩れを防ぐためにも、包んでおくことをおすすめします。

②緩衝材で包む

①の次は、エアーパッキンで二重梱包しておきましょう。

配送時の衝撃を防ぐのに最適なアイテムです。

100円ショップの小さいサイズを購入するよりも、ホームセンターで大きめのサイズを分割すると、配送にかかる費用を押さえられます。

③適当なサイズのケースに入れる

梱包が済んだら、バッグのサイズに合ったケースに入れましょう。

段ボールの隙間に、新聞紙を詰めれば、商品の輸送時に揺れ動くことを減らせます。

バッグ(カバン)の梱包方法「段ボール以外」

バッグの梱包方法として、以下のようなものもあります。

小さいバッグの梱包に向いています。

①OPP袋に入れる

OPP袋に包めば、雨が降っても商品が濡れることはありません。

見た目も美しく梱包できるので、発送相手にも喜ばれます。

②厚紙や大きめの封筒に入れる

①でOPP袋に入れたら、厚紙や大きめの封筒でさらに覆いましょう。

OPP袋のままでは、中身が見えてしまいます。

中身が見えると、発送先からのクレームに繋がることがあるので、気を付けましょう。

③宅配ビニール袋に入れる

②の工程が終われば、発送に向けて宅配ビニール袋に包みましょう。

宅配ビニール袋にいれておけば、雨でぬれることもありません。

梱包をうまくするコツ

ここでは、梱包をうまくするコツをご紹介します。

丁寧な発送や梱包を心がければ、良い評価をもらいやすくなりますよ。

折りたたまない

商品を梱包する際は、なるべく商品を折りたたまないようにしましょう。

折りたたむと梱包した商品に型崩れが起きたり、割れ目が入ったりすることもあります。

梱包の際は、折りたたまずちょうどよいサイズのケースに収納することが大切です。

金具をカバーする

バッグを梱包する際に気を付けたいのが、金具部分です。

バッグの金具は金属製でできているため、配送中の揺れで傷がついてしまうこともあります。

金具付のカバン・バッグ処分方法とは?意外と知らないゴミ出しの基本

二重にする

梱包はかならず二重にしておきましょう。

1つの袋でしか覆っていないと、雨で濡れてしまった際に、商品そのものが濡れてしまう場合があります。

中身が汚れてトラブルにならないように、梱包の袋は最低でも二重にしておきましょう。

梱包資材の隙間を埋める

梱包資材の隙間を埋めることは、配送中に中身が揺れることを防げます。

梱包資材の中身が揺れて、商品に傷がつかないようにしておきましょう。

取り扱い注意のシールを張る

バッグが高価なものであれば取り扱い注意シールを張ったほうが良いでしょう。

カッターやハサミなどで、梱包資材を開ける際に、中身も切ってしまうこともあります。

トラブル防止措置としてシールを張っておくと便利です。

バッグ(カバン)の発送方法

バッグの発送方法は主に以下の通りです。

バッグに合った発送方法を選ぶだけでも、発送にかかる料金を下げられるでしょう。

  • 定形外郵便
  • クリックポスト
  • ゆうパック
  • らくらくメルカリ便
  • ゆうゆうメルカリ便

発送方法にはさまざまな種類がありますが、バッグの大きさや重さにあったものを選ぶことがおすすめです。

メルカリで発送することが多い人は、「らくらくメルカリ便」や「ゆうゆうメルカリ便」を選択すると、送料を下げられるでしょう。

また、バーコードにスキャンするだけで、簡単に発送準備ができますよ。

「バッグ(カバン)の梱包方法」まとめ

今回は、バッグの梱包方法をご紹介しました。

バッグの梱包方法を知っておくだけで、取引先の相手からのクレームを避けられるようになります。

ちょっとした心がけで良い評価がもらえるのであれば、正しい梱包方法を取り入れてみてくださいね。

【販売テクあり】メルカリで中古のカバン(バッグ)は売れる?誰でもわかる取引方法まとめ