カバンの発送に便利な梱包資材

通販や店頭で商品を購入した際にもらう梱包資材。

商品を取り出したあとの処分には困ってしまいますよね。

そこで今回は、梱包資材をリメイクして再活用する方法をご紹介します。

家の中にある梱包資材を再利用して、環境や経済的に優しく活用していきましょう。

カバンの発送に便利な梱包資材

フリマサイトで売れた商品を発送するのに便利なのが、紙袋や段ボールです。

紙袋・ショッパー

簡単にリメイクできる梱包資材と言えば、お店でもらった紙袋やショッパーです。

薄くて柔らかい素材でできているので、加工がしやすいでしょう。

オシャレなショップの袋であれば、質素なイメージのある梱包容器もあっという間に華やかになります。

段ボール

段ボールは紙袋やショッパーに比べて分厚いため加工しにくいですが、耐久性があります。

やわらかい梱包資材で包んだあとに丈夫な段ボールで二重に包めば、大切な商品を安全に発送できるでしょう。

余った段ボールはそのまま置いておくとかさばるので、早めにリメイクすることをおすすめします。

リメイク必要なアイテム

段ボールや紙袋のリメイクに必要なアイテムは以下の通りです。

  • ハサミ
  • カッター
  • テープ(ガムテープ)

ほとんどの人は家にあるアイテムだけで完結するのでは、ないでしょうか。

上記のアイテムを持っていない人は、100円ショップでも購入できます。

今後も使う機会があるかもしれませんので、この機会に購入してみてはいかがでしょうか。

お手軽なアイテムでリメイクできるのも良いですよね。

段ボールをリメイクして収納ボックスを作る方法

ここでは、不要な段ボールをリメイクして、収納ボックスを作る方法をご紹介します。

おもな流れは以下の通りです。

  1. 段ボールをもう一度組みなおす。(段ボールを折りたたんでいる人のみ)
  2. 底になる部分をガムテープで閉じる
  3. 蓋をあけたままにして、蓋になる部分だけをカッターまたはハサミで切り取る
  4. 全体的に弱い部分をガムテープで補強する

段ボールのサイズを変えたいひとは、小さくカットしても大丈夫です。

質素な段ボールを華やかにしたい人は、マーカーでぬったり、おしゃれな紙を張り付けたりするのもいいかもしれませんね。

収納ボックスだけではなく、ゴミ箱としても活用できますよ!

紙袋・ショッパーをリメイクして梱包する方法

紙袋やショッパーをリメイクする方法は、以下の通りです。

  1. 紙袋・ショッパーの底を開ける
  2. 取っ手を切り取る
  3. 取っ手の部分が破れた場合は補強する
  4. 底と取っ手の部分をそれぞれ3㎝ほど折る
  5. ガムテープで追った部分を覆う
  6. 最後にどちらか一片を切り取る

紙袋やショッパーは段ボールよりも簡単に加工ができます。

オシャレなものが多いので、質素な見た目にもなりにくいでしょう。

フリマサイトで売れた小物やカバンを包むこともできます。

ビニール製ショッパーよりも紙製のものの方が初心者でも加工しやすいですよ!

梱包資材、箱をリメイクする際の注意点

梱包資材をリメイクする際に注意しておきたいのは、汚れです。

商品を購入した際はきれいな状態であっても、家の隅や押し入れにしまっていると、汚れが目立つこともあります。

そのまま梱包容器として再利用してしまうと、フリマサイトでのクレームに繋がることもあるでしょう。

また、段ボールの弱点は湿気や水分です。

リメイクした段ボールを窓際においておくと結露がつき、カビやダニの発生原因にもなりかねません。

段ボールや紙袋などの梱包資材の保管方法には、気を付けましょう。

バッグのマチ(底板・中敷き)の作り方!カバンの型崩れ防止と補強に最適

梱包する際の便利グッズ

フリマサイトやショップで商品が売れた際に考えることは、発送方法や発送にかかる費用ではないでしょうか。

そんなときに活躍するのが、メジャーと図りです。

梱包が終わったら、メジャーで梱包容器を採寸し、それらの重さを測りましょう。

発送時に採寸や重さを測っておくことで、スムーズに発送作業ができますし、発送にかかる費用などを抑えることもできます。

梱包作業を丁寧におこなう事を心がけたら、最後まで気を抜かずに商品を見届けましょう。

売れたらどうする?発送方法まとめ

売れた商品を発送する方法は、郵便か宅急便になることがほとんどです。

最近のフリマサイトでは、専用の梱包容器や発送方法が用意されている場合もあります。

全国一律の送料で発送できたり、送り状を自動で作成してくれたりします。

発送の際は利益を少しでも残せるように、一番安い発送方法を選びましょう。

「梱包資材をリメイクする方法」まとめ

今回は、梱包資材をリメイクして再活用する方法をご紹介しました。

フリマサイトで商品が売れた際は、なるべく利益が残せるように梱包資材をリメイクしながら、活用してみましょう。

梱包資材をリメイクすれば、家の不要な段ボールや紙袋もきれいさっぱり処分できますよ!

かばんを自作する!手作りかばんが流行中!