ウォーキング&ランニングにぴったりなバッグ!身軽に動ける快適バッグとは

ウォーキングやランニングなどの運動をする際に便利なのが「ウォーキングバッグ」。

いつも持ち歩くスマートフォンや財布を快適に持ち運ぶことができます。

しかし、一言にウォーキングバッグとはいっても、たくさんの種類があるでしょう。

さまざまなバッグが販売されている中で自分に合ったものを選ぶのは大変ですよね。

そこで今回は、ウォーキングやランニングに最適なバッグ選びのコツをご紹介します。

自分に合ったウォーキングバッグを選べば、健康を維持しながら快適な運動を楽しめますよ!

快適なウォーキング&ランニングをするためにはバッグ選びが大切

快適な運動をおこなうためには、自分に合ったバッグを選ぶことは欠かせません。

水分補給をするための飲料や貴重品などを持ち歩く必要があり、手ぶらで運動することが難しいこともあるでしょう。

身体を動かす運動時だからこそ、邪魔にならないバッグ選びが大切なのです。

ほとんどのウォーキングバッグは、両手がフリーになるので、運動しても邪魔にならないですし、快適な運動ができます。

最近では、ランニングウェアにポケットがついているものもありますが、より収納性を意識するのであれば、ウォーキングバッグは欠かせないでしょう。

適度な運動はストレスや運動不足の解消につながるので、いいこと尽くしですよね。

ウォーキング&ランニングバッグの選び方

快適なウォーキングやランニングをするためにはバッグの選び方を知っておきましょう。

さまざまなタイプのものが販売されているので、最低限のポイントは押さえてくださいね。

ボトルホルダーがある

バッグを選ぶときは、ボトルホルダーは必須です。

休憩時の水分補給には、飲料の携帯が欠かせません。

ペットボトルや水筒がすぐに取り出せるような、ウォーキングバッグ多数販売されているので、そちらを選ぶと良いでしょう。

夏の暑い時期でも脱水症状にならないようにしてくださいね!

落下防止のバンド付き

ウォーキングやランニング初心者の人が見落としがちなのが、落下防止のバンドです。

ほとんどのウォーキングバッグには付属していますが、ゴム製のベルトの場合は落下防止バンドがついていない場合があります。

運動中にカバンがずれ落ちるようなことがあれば、運動に集中できないですし、大切な貴重品をなくしてしまうことにもなりかねません。

バッグのベルトはもちろん、バッグの中に入れる荷物にもバンドが付いていると良いですね。

最低限の荷物であれば1L程度でOK

街中や山奥でのウォーキングなど、人によって運動量はさまざまです。

どれぐらいの大きさのバッグを選ぶかは、本人の自由です。

運動量や運動する場所に応じて適切な大きさのバッグを選択してみてください。

タオル、ペットボトル、スマホなど必要最低限のものを持ち運ぶ人は、1L程度あれば十分です。

夜のウォーキングやランニングでも安心できる反射板

早朝や深夜のウォーキングとなると、まだまだ夜道も暗いですよね。

そんな時にあると安心できるのが、反射板付きのバッグです。

反射板が付いていれば、車や自転車に遭遇した際でも、相手に自分の居場所を知らせることができます。

安全かつ快適に運動を楽しむためも反射板付きのバッグを選びましょう。

スポーツバッグの選び方!サッカー・野球の遠征に便利なカバンとは?

便利な6種類のウォーキングバッグ

ウォーキングバッグにもたくさんの種類があります。

以下では、6種類のウォーキングバッグについてご紹介します。

見た目や機能性もかなり異なるので、自分の用途に合ったものを選んでくださいね!

アームバンド

アームバンドとはその名の通り、腕につけるバンドのことです。

おもにスマホやICカードなど小さな小物を収納するのに適しています。

そのため、大きめの財布やタオルなどをいくつか持ち歩きたい人には不向きです。

アームバンドをつけておくと、スマホの紛失も防げるでしょう。

ウエストバッグ

ウエストバッグとはウエスト(腰)に装着するバッグです。別名ウエストポーチとも呼ばれています。

必要最低限のスマホ、イヤホン、鍵などをすっぽりと収納できるので、ウォーキングやランニング初心者のみならず、幅広い人に利用されているのが特徴です。

身体に密着するような付け心地なので、激しい運動でもずれ落ちにくいでしょう。

ウエストベルト

ウエストバッグと違う点は、コンパクトさです。

ウエストバッグと同様に腰に装着するものですが、スマホやICカードを収納できる程度の大きさしかありません。

そのため、ウエストバッグに比べ軽量で身体にフィットしやすいでしょう。

短時間の運動であればウエストベルトで充分かもしれませんね。

ボトルポーチ

ボトルポーチはペットボトルや水筒を収納するための、ポーチです。

ウエストポーチよりも荷物が少なく、飲料だけを持ち運びたい人におすすめのバッグといえます。

腰にボトルだけを装着できるため、身軽でかつ飲みいれの出し入れがしやすいのが特徴です。

ボディバッグ

ボディバッグは上半身につける小ぶりのバッグのことを言います。

こちらのボディバッグならウォーキングやランニング時だけでなく、普段使い出来るデザインなのでとても使いやすいです。

斜めがけのボディバッグは、ウォーキングやランニングのみならず、普段使いにも最適です。

バッグが体の曲線に沿ってフィットするので、大きく揺れ動くことなく安定しているから体への不快感も感じにくいのが特徴です。

リュック

リュックの利点は、これまで紹介したバッグのなかでも圧倒的に収納力があることです。

荷物が少ない人にとってリュックは不要かもしれませんが、登山や長時間の運動に適しています。

着替えやタオルなど、とにかくたくさんのものを持って運動をしたいひとにおすすめのバッグといえるでしょう。

「ウォーキング&ランニングにぴったりなバッグ」まとめ

今回は、ウォーキングやランニング初心者向けに、ウォーキングバッグの選び方をご紹介しました。

ウォーキングバッグとはいっても、たくさんの種類があることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

バッグのカラーやデザインは自分好みにチョイスしながら、快適なウォーキングバッグを選んでみてくださいね!

適切なバッグの選び方|形・大きさ・素材別のカバンまとめた記事はコチラ