さまざまなシチュエーションで利用する通勤バッグ。

毎日使うものだからこそ、自分に最適なものを選びたいですよね。

そこで、今回は通勤バッグの総特集と題して、会社通勤を楽しくするビジネスバッグをご紹介します。

最近では手ごろで機能性に優れたものから、多機能で便利なものまでたくさんのバッグが販売されています。

通勤に使いやすいバッグを手に入れて、楽しく快適に仕事をしましょう!

会社通勤に必要なビジネスバッグとは?

ビジネスバッグとはその名の通り、通勤や会社で使用するバッグのことです。

パソコンや資料を持ち運ぶ必要のある社会人には必須のアイテムといえるでしょう。

一般的なビジネスバッグといえば、ブリーフケースです。

ブリーフケースはファッション性に優れているものが少なく、機能面に優れたものが多い傾向です。

ビジネスシーンで役立つのは、自立型。

名刺交換や休憩時にバッグを床においても倒れないので、きれいな状態を保ちやすく、身の回りの整理ができます。

仕事に利用するパソコンや資料などを毎日持ち運ぶ人だからこそ、デザインはもちろん、使いやすさを重視したバッグを選びたいですよね。

会社に行くのが楽しくなる通勤バッグの選び方

通勤が楽しくなるバッグには、特徴があります。

以下では、そんな通勤バッグの選び方をご紹介します。

使いやすさ重視

通勤バッグを選ぶうえで重要視したいのはやはり使いやすさです。

人によってどのバッグが使いやすいかは異なりますが、おもにポケットやファスナーがたくさんついているものを選ぶと良いでしょう。

会社で使用する資料や書類はどうしても多くなってしまうこともあります。

しかし、ポケットがたくさんついていれば、急に荷物が増えた時でも、整理しやすいきれいなバッグを保てるでしょう。

高価すぎるものは避ける

高価すぎる通勤バッグは避けたほうが良いでしょう。

会社では、名刺交換や挨拶周りなどでバッグを床に置く場面があります。

高価なものを地べたに置くことで汚れてしまうと、すぐにバッグが劣化する可能性も。

一つのバッグを長く使用することは大切ですが、高価なものはおすすめしません。

盗難のリスクを最小限に抑えるためにも、バッグの値段は安価なものの方が安心できます。

パソコンや弁当などが入る大きさ

通勤バッグはパソコンやお弁当が入る大きさの方が便利です。

ビジネスシーンでは、よくA4サイズの資料が配られることもあります。

大きさの目安として、A4サイズ程度のものを選んでおくと良いでしょう。

また、分厚い資料や本、お弁当が収納できるように、マチの広いリュックがおすすめです。

軽くて持ち運びしやすい

通勤バッグは軽量なものを選ぶことも重要です。

とくに出張先では、紙の書類も増えがちですよね。

パソコンや書類を普段から持ち歩く人は、バッグが重いと肩や腕に負担がかかります。

おすすめの素材は合皮やナイロンのもの。

重い荷物をバッグに収納しても、すぐに破けたり、傷んだりすることも少ないでしょう。

ナイロン素材は水にも強いので、急な雨が降ってもバッグの中が濡れることを最小限に抑えられます。

会社で使う通勤バッグはどんな形があるの?

会社で使える通勤バッグには、ショルダーバッグ、リュック、トートバッグなど、おもに3種類のものがあります。

以下では、それぞれの特徴を解説します。

バッグの活用シーンを思い浮かべながら、自分に合ったものを選んでみてください。

ショルダーバッグ

バッグについているベルトの長さ調節をして、斜めがけや肩掛けなど2通りの使い方ができるのが、ショルダーバッグです。

ビジネスシーンだけでなく、カジュアルシーンにおいても使用できる使い勝手の良いバッグです。

斜めがけや肩掛けバッグとして利用すれば、両手が自由に使えて、荷物の取り出しにも便利です。

こちらの高機能ビジネスバックはショルダーベルトを付け替えるだけでリュックにもなる便利なバッグです。何個もバッグを揃えなくてもこちらのビジネスバッグ一つで事足りるので一つあれば重宝すること間違いなしです。

トートバッグ

通勤バッグとして多くの人に利用されているのが、トートバッグです。バッグの開口部が広く、荷物の取り出しに便利なのが特徴です。

男性に多いブリーフケースもトートバッグの一種として分類されることがあります。貴重品を常に自分の近くに持っておきたい人に便利なバッグだといえるでしょう。

A4サイズの書類もすっぽり入り、型崩れしにくい構造なので、大事な書類が折れる心配もありません。色は落ち着いたネイビー×ブラウンで、どんな服装にも合うデザインです。

リュック

荷物や移動が多い人に最適なアイテムがリュックです。リュックは肩や背中全体で荷物を支えることができるので、重い荷物の持ち運びにも便利だといえるでしょう。

また、両手が自由に使えるので、スマホの操作や買い物時の会計など、日常的な動作もしやすいことが特徴です

大容量のおしゃれトートバッグブランド10選|通勤・子育てにも使えるカバン選びとは

バッグ単体で自立すると便利

とくに、外回りの営業や移動が多い人は、自立するバッグを選ぶことも大切です。

カフェでの商談やお客さまに玄関先で挨拶する際は、バッグをどうしても床に置かなければいけない時があります。

こちらのビジネスバッグなら自立するし容量も大きいので荷物の多いビジネスマンに最適です。

マチ幅が狭くて自立しないバッグは、邪魔にもなりますし、バッグの側面が汚れてしまうでしょう。

自立するバッグであれば、荷物の取り出しにも便利ですし、荷物が邪魔になることもありません。

通勤バッグ特集!会社通勤を楽しく快適に

今回は、会社通勤を快適にするための通勤バッグをご紹介しました。

丈夫で使いやすいことはもちろん、おしゃれなバッグを持ってウキウキとした気分で職場に向かいたいですよね。

本記事で紹介した、バッグ選びのコツを押さえて、お気に入りのレディースバッグを探してみてくださいね!

女性必見!人気ブランドバッグ3選|通勤・カジュアル使いに便利なカバンの選び方