カバンにお茶やコーヒーをこぼしてしまったら??

うっかりこぼしても大丈夫!?コーヒーやお茶の染みの種類

ふとした瞬間に手元から滑ってしまってコーヒーやお茶をこぼしてしまうことがありますよね。

お気に入りの服や大切なバックについてしまって焦ってしまうと思いますが応急処置が大切です。
急いでいたとしてもすぐの対処をするだけで綺麗にシミを取る事が出来るのでご紹介いたします。

見た目が頑固そうなコーヒーの染みですが、出来るだけ早く対処することで綺麗に落とす事が可能なんです。
但しコーヒーの染みにも種類があるので、こぼしたコーヒーのタイプによって処置をする必要性があります。

最初の一手を打つ前に必ず確認しましょう。

水溶性の染み

  • ブラックコーヒー
  • 砂糖入りブラックコーヒー
  • お茶

コーヒーそのものは「水溶性」の汚れですが乳脂肪分を含むミルクが入った汚れは「油溶性」の汚れとなります。
水溶性は文字通り水に溶ける汚れなので「水」を使った染み抜きが必要になります。

応急処置に必要なものは、ハンカチ、タオル、おしぼりなどで構いません。
染み抜きの応急処置のやり方は3ステップです。

  1. シミがついた部分の裏に乾いたハンカチやタオルを当てる
  2. 濡らしたハンカチで染みの表側から上をたたく
  3. 何度か繰り返し裏に当てたハンカチ、またはタオルに汚れを移していく

染みが出来てすぐの時はこの処置をしておけば自宅に帰ってからの染み抜きが楽になります。

油溶性の染み

カフェオレやカフェラテなど乳脂肪やたんぱく質を含むコーヒーの染み抜きには水分は使うことはできません。
まず初めにすることは乾いたハンカチ、タオルを裏表から当てて汚れ(油分)を吸い取ります。
上澄みの汚れを取ってからは水溶性の染みと同じステップで汚れを取っていきましょう。

応急処置の注意点

水溶性の染み、油溶性の染み問わず絶対にやってはいけない事は「こすらない事!!」
上からこすると、染みが広がってしまったり繊維の奥に浸透して汚れが落ちにくくなってしまうことがあります。
応急処置の場合は、あくまでも上の部分からポンポンとたたいて汚れを落とし、タオルやハンカチに汚れを映していくことがポイントとなります。

染み抜きの方法

コーヒーやお茶の染みは応急処置をした後は洗剤を使用したほうがきれいに落とす事が出来ます。

台所中性洗剤を使う

水での染み抜きと同様に汚れている部分の後ろにタオルなどを当て洗剤と水を使ってポンポンと叩きます。
汚れがひどい場合は、染みの部分に洗剤をしみ込ませ、ぬるま湯にしばらく浸して優しくもみ洗いをしてみるとよいでしょう。

バックについたシミ・カビのお手入れ方法

酸素系漂白剤を使う

市販されている漂白剤には「酸素系」と「塩素系」がありますが、染み抜きに適しているのは漂白効果が弱めの「酸素系」の漂白剤になります。

脂肪分やたんぱく質を含んだ油分の染みには、この酸素系漂白剤を直接つけて汚れの部分を上からたたいてあげるのが最も効果的です。

また水溶性の汚れでも頑固な汚れには酸素系漂白剤を使うのが効果的です。

ナイロン繊維には使えませんのでご注意ください。

色柄もの用の酸素系漂白剤は効果が遅く、早くするために温度が必要になってきます。
40度のお湯で漂白剤を薄めシミの箇所に塗りつけます。必ず変色をしていないか確認しながら行ってください。一晩漂白剤につけるというのはおすすめはできません。
染み抜き部分の漂白をするには部分漂白をしないと取り返しのつかない事になってしまうのでご注意ください。

匂いを消す方法

コーヒーやお茶をこぼすとニオイがついてしまいますよね。
すぐに応急処置をしても香りが残ってしまう場合もあるので試してみてくださいね。

ファブリーズを使う

高価なカバンでもないしクリーニングにお金を使いたくないときはファブリーズを使いましょう。
その際は汚したバックの中にファブリーズを使用し、しばらく放置してみてください。
コーヒーや紅茶のニオイが薄くなる効果が期待できます。
但し、あくまでもそこそことれるというところです。確実にニオイを取りたい場合はクリーニングに出すようにしましょう。クリーニング屋さんには消臭効果をプラスしてくれるところが多いのでおすすめです。

カバンに染み付いたタバコの匂いを消す方法まとめ

ドライクリーニングを出す

確実にニオイを落とすならドライクリーニングです。
ドライクリーニングであればニオイだけでなく汚れも落としてくれます。但し、バックの素材によっては受け付けてもらえない事もあるので問い合わせをしてみてくださいね。

染み抜きの前に確認

最近の洗濯洗剤等は酵素を含んだ洗浄能力の高い商品が多く、コーヒーやお茶の染み汚れのほとんどを1回の洗濯で落としてくれます。


ですが、最初の応急処置のひと手間をしているだけで汚れの落ち具合が変わってきます。
うっかりこぼしてしまう事もあるのでその場でできる事をしておくのはマストです!


染み抜き作業をする前は水洗いOKか、色落ちの心配がないか確認するように心がけて大切なバックを長く使ってくださいね!

それでもバックが汚れてしまったら洗い方を参考にしてください。

カバンは洗濯機で洗ってもいい?バッグの素材・形状別に手入れ方法をご紹介

ご自身でするのが手間な場合はプロに頼んでもいいかもしれませんね。

カバンのクリーニング方法と料金は?