バッグの持ち手が壊れたら修理は自分でできる?

持ち手が壊れてしまったときの修理方法はあるの?

毎日使用するカバンですが、月日とともに劣化してきます。

バックの持ち手(ハンドル)は長く使っているとボロボロになってきたり、ちぎれてしまったりと傷みやすいところですよね。

バック自体はまだまだ丈夫だけど持ち手だけ傷んできたりすることはよくあることです。

持ち手を交換するタイミング

このような状況になったら持ち手を交換するタイミングです。

  • 持ち手がちぎれる
  • 持ち手の留め具が外れる
  • 糸がほつれてくる
  • 表面の革がボロボロとめくれる
  • カスが落ちてくる

持ち手(ハンドル)手の湿り気や荷物の重さを支える為バックの中で一番にダメに箇所と言われています。

解決策は「修理」をするか「買い替えるか」になってきます。
合皮の場合は特にこのような症状が出やすい為、2~3年と寿命が短いです。

修理をする場合も取っ手部分を交換するか補強するかになってきます。

様々な要因から経年劣化は仕方ない事ですが持ち手の表面がボロボロに剥げ落ちるのは持ち手に使われている「素材」が原因かもしれません。

バッグの寿命は何年?変え時は?

寿命が早い持ち手はあるの?

使用頻度や保管状況によって一概には言えませんが持ち手によってはボロボロになる速度は違います。

特にこの二つの違いが大きいのではないでしょうか。

  • 本革
  • 合皮

本革は動物の革から加工した天然物、合皮は人工的に作った革に似せた素材です。
合皮はナイロンやポリエステル等の化学繊維の生地の上にポリウレタン等の樹脂をコーティングして作られたものです。

その中でもポリウレタンの素材は劣化が早いです。

使っていなくても空気中に含まれる水分、紫外線などで劣化がゆっくりと進みます。

丁寧に使用したとしても合皮の寿命は2~3年と言われています。

下記に本革と合皮の違いをまとめてみましたので参考にしてみてくださいね!

種類本革合皮
寿命10年~1年~
価格高い安い
重たさ重い軽い
耐久性水に弱い水に強い

持ち手の交換方法

まだまだバックを買い替えるまでもない場合は修理して使用していきたいですね。

ここでは3パターンご紹介していきます。

自分で補修する

バックの種類によってはご自身で補修することが出来ませんが、本格的な修理をしてみたい方は一度チャレンジしてみてください。

【必要なもの】

  • 持ち手
  • カシメ
  • スカーフ等

自分でする場合は工作的な面白さがあり、好きな人は好きだと思います。
ただ手間はかかりますしうまくいかない事もあるので不安点も含まれています。

また持ち手を丸ごと外すのが不安な場合はスカーフ等で取っ手を補強する方法もあります。

メリット安上がりでオシャレ
デメリット女性向けである

応急処置には良いかもしれませんが男性向けではありませんね。
女性向けではありますが、バックやスカーフによってはダサく見えてしまうかもしれません。

また縫い付けタイプだと少し厄介です。

裁縫をほどいて自分で縫い付ける必要があるので、ここまでくるとレザークラフトや裁縫が趣味の方でないと難しいと思うのでお店に持ち込む方が早いでしょう。

持ち手はどこに売っているの?

持ち手修理をする際に必要なのは【持ち手】です。
これってどこに売っているのか気になるとこですが、手芸屋さんやインターネットで取り扱っています。

お店で修理する

自分で直すのが面倒な場合や仕上がりに不安を感じる場合はお店で修理依頼をしたほうが良いかもしれません。
お店で直す場合は、購入したお店、または修理専門のお店に頼む事が一般的ですが修理費用が違います。

メリット仕上がりがきれい
デメリット費用がかかる

ブランド直営店や町の修理専門店へ頼む場合で特徴が異なります。

【ブランド直営店】

  • 同じハンドル、パーツに交換してもらえる
  • 混み具合により納期が前後してしまう場合がある
  • リペアショップと比べると料金が高い

【町の修理専門店】

  • 代替え品での修理になる
  • 修理専門店なだけであり納期が早い
  • 料金が安い

ブランドバックの場合は「直営店」に持ち込む事をおすすめします。

リペアの際は代替え品の持ち手を付けてしまうとブランド価値が落ちてしまうからです。

そのような事を気にしないのであれば町の修理専門店がおすすめです。
修理専門店だけあり「早くて安い!」だけでなく合皮→本革等の持ち手への交換等柔軟に対応もしています。

そして様々な種類の持ち手にも対応しています。

平手タイプ、丸手タイプ、ハンドルタイプ、ショルダータイプなどの交換が可能です。
元の持ち手に近い形や色で、時間をかけて丁寧に修理してくれるところが魅力的です。

カバンのクリーニング方法と料金は?

修理をしないで取っ手カバーをつける!

修理に出すのも、プロに頼むのもしたくない!

そんな時は便利なバック専用の取っ手カバー(ハンドルカバー)があるのでそちらを使用して補強してみましょう。

また購入したてのバックに初めから使用していると取っ手へのダメージが軽減されるので持ち手だけが早く傷んでしまうということも防ぐ事が出来るんです。

上質なバックには上質なハンドルカバーを取り付けるだけで雰囲気もぐっと上がります。
スナップボタンで取り付けるタイプがほとんどですので取付も簡単です。

大切なバックの負担軽減にもなるにもなるのはもちろんのことですが、シンプルなデザインだとお持ちのバックの魅力をぐっと引き立ててくれる事間違いなしです。

また大切なカバンが汚れてしまったらコチラを参考にしてみてくださいね!

カバンは洗濯機で洗ってもいい?バッグの素材・形状別に手入れ方法をご紹介