革の魅力。経年を楽しもう!

革のエイジングとは

革製品を使用しているとだんだんと革の風合いが変わってきます。
革製品にもエイジング(経年変化)があるので美しく艶や色の変化の仕方、革を育てるコツをご紹介します。

エイジングの魅力

購入当初の革が固くてつやつやで綺麗な状態が魅力の一つですが、使用してくると手触りや風合いや艶感が変わってきて、雰囲気が変わります。
「いつまでもピカピカで美しいまま」から「渋みを増して深みが出てくる」様子を楽しむ事が出来るのが魅力です。

革の表情の「変化)を楽しむ事が出来るので革製品を好んで愛用している人が多いですね。
使い込むほど味わいが出てくるので虜になる素材の一つでもあります。

革を育てる

革を育てる楽しさを知ってしまうとやめられません。
エイジングを早く楽しみたい方は良く使用して革を柔らかくしていきます。
日に日に柔らかさが増して購入時とは違う風合いを楽しむ事が出来るのです。

革の種類はあるの?

実は革には様々な種類があるんです!革の種類、加工によって経年の仕方も変わってきます。
まずは革の種類を見ていきましょう!

牛革

革製品の中でもっともポピュラーなのが牛革です。
革製品として使用可能な範囲が大きく、頑丈なので良く使われています。
創られる製品によって、使用する牛革が変わってくるので、革の種類を選ぶ楽しさがあるのが特徴です。

馬革

コードバンと呼ばれる革で使用することがあるのが馬革です。
希少性の高いコードバンは繊維が綿密で牛革に比べると2~3倍の強度を持つと言われています。

豚革

豚の革は軽くて表層の密度が高く摩擦に強いです。
3つの毛穴が革を貫通しているので通気性に優れていて、その利点を生かして靴のインナーに使用されることも多いです。

やぎ革

ぷっくりとした革で持ちやすく手袋の素材でよく使われています。
牛革に比べて強度やしなやかさがあるので薄くても耐久性があるのが特徴です。

ヌメ革

使い込むと色つやが増し経年変化とともに味が出てきやすいです。
使い始めは少し固い感じですが使うたびにしなやかに馴染んできます。

綺麗にエイジングさせるには

美しくエイジングさせる方法はこれしかありません。

  • 毎日使う事
  • 適切な環境で使う事

毎日使っていくと手の油分が移る事で手の油分が革に移り潤った状態になります。
そのおかげで乾燥から守り艶が続くのです。

またカビが発生しないようにすることも大切です。
雨の日に使用した際は水分が残らないように綺麗にふき取る、気温が高い日は車内に置きっぱなしにしない、湿度の高い場所を避けるなどしたほうが良いです。

一旦カビが発生してしまうと取りきる事が難しくなってくるし、高温多湿の場所で保管すると形が歪んでしまう恐れがあります。

沢山の革製品がありますが良いものも悪いものもあります。
また革のエイジングは使う人によって変化が変わってきます。
使い方によって表情が異なってくるので、革製品が味わい深く愛着も生まれるんですね。

こちらにも革製品のバッグがあるのでぜひお気に入りを見つけてエイジングを楽しんでくださいね。

大切なバッグに防水スプレーは必要?

綺麗にエイジングする革ってあるの?

革にも種類がありますが、エイジングしやすいものとしにくいものがあるんです。
エイジングしやすいかしにくいかはのポイントは大きくわけて2つあります。

  • なめし方(植物タンニンなめしとクロムなめし)
  • 着色方法(染料仕上げと顔料仕上げ)

この二つになりますが革のエイジングに向いているのはタンニンなめしで染料仕上げで加工を施されているものとなります。

なめし方

なめし方にも種類があります

  • 植物タンニンなめし
  • クロムなめし

植物タンニンなめし

日焼けしたり、熱を吸収したりするうちに、色が自然と色づいてきます。
色の変化は使い方やお手入れの回数、使用年数等によって変わってきます。
特に原色の革は染色された革よりも色が濃くなる速度が速く、より深い味わいになります。
また植物タンニンなめしには油分が多く含まれているので、使い続けるうちに油分が表面にあふれ光沢を与えます。

クロムなめし

伝統的なタンニンなめしは時間がかかりすぎてしまう為、より効率的に革を作る製法として開発されたのがクロムなめしです。
クロム化合物と言われる物質と反応される事で、柔らかく伸び縮みしやすくなります。
その為、衣料用やバック等に、細かな部分の加工に最適で引っ張りや傷への耐久が良いのも特徴です。

天然のタンニンなめしと比べた時のメリットは軽さです。カバン等の様に体に負担がかかりやすいものは重さを基準にしてみるのもいいかもしれません。

エイジング(経年変化)を楽しみながら使おう

革製品の楽しみ方はエイジングにあります。
使っていく中でエイジング(経年変化)をより楽しめる様にあえて革製品を選ぶ方は多いですね。
使い込む中で革の内部に含まれたオイルが馴染んで艶が増し、色だけでなく質感も変化してきます。
使う人の個性も現れてくるのが革製品のエイジングの魅力です。
世界でたった一つの革製品の表情を楽しんでみてくださいね!

大切なバッグを正しく保管して色あせから守ろう!