バックについたカビのお手入れ方法

バックにカビが発生

しばらく使っていなかったバックにカビが生えていた経験はありませんか?

梅雨の時期はカビが生えやすい時期です。
そこで今回はカビが生える原因や対処法、出来てしまったカビを取る方法までご紹介します。

カビが生える原因

カビはほこりと同じ様に空気中に存在します。
毎日使用することで空気中の土壌に含まれるカビが、知らない間にバックに付着します。
カビは温度25度~30度、湿度80%以上という環境で良く育ち、風通しが良くないとさらにカビの繁殖が活発になります。
そのため、カビが付着したバックをお手入れもせずに、そのまま押し入れやクローゼットにしまうことにより目に見える程のカビが発生してしまうのです。
カビが表面に付着して芽を出すと繊維の中にまで入り込んでしまい、乾拭きしただけではカビを除去することはできません。

特に革バックにはカビのえさとなる植物タンニンや油脂が含まれ、カビが好む革用クリームが付着しているのでカビが生えやすいです。
大切なバックにカビを寄せ付けない為にも日ごろからのお手入れや保管方法が大切です。


車やスマホだけじゃない!バックにもガラスコーティングをしよう!

それでもカビが生えてしまったら?素材別に紹介

気を付けていてもカビが生えてしまうことも起こりえます。

白カビから黒カビになると目立つので洗っても色素成分が残り綺麗には見えません。
みつけたらすぐに対処したほうがよさそうです。

ナイロンや布素材

ナイロンや布などの繊維素材で作られたカバンはかなり丈夫なので、丸洗いしても問題ありません。
色柄物の色落ちだけ注意すれば、カビはキレイに落とす事が可能です。
ただし、カビをそのまま放置しておくと繊維の奥まで入り込んでいる可能性があるので念入りに洗う必要があります。

カビは菌なのでアルコールで消毒すれば簡単に撃退できます。
すぐに蒸発するので素材に負担が少ないのも嬉しいポイントです。アルコールを含ませたティッシュで表面のカビを拭くだけです。
カビが出来てすぐであればアルコール消毒だけで大丈夫なので、バックへの負担の少ないアルコール消毒から試してみるといいと思います。

革素材

革素材は繊維素材と違ってカビが繊維の奥まで入り込む事はありません。

表面のカビを落とせば綺麗になります。

ただ革自体がデリケートなので注意が必要です。
革のバックにカビが生えやすい原因としては

  1. タンニンや油脂が含まれている
  2. 持ち手部分に手の脂が付着しやすい
  3. お手入れ用の革クリームの拭き残し

が、あげられます。

革本来の美しさを保ちながらカビを落とすには革用のグッズを使用するようにしましょう。

【カバン磨き方講座】革バッグは正しいメンテナンスで一生使える!手入れ方法を徹底解説

出来てしまったカビのお手入れ方法

もしバックにカビが生えてしまってもカビの状態に合わせて対処することで、また綺麗な状態で使う事が可能です。カビの状態に合わせた対処法をご紹介します。

天日干し

バックの表面についているカビならふき取ってしまえばいいと思われがちです。
ですが、革のバックの場合は既に繊維の中にまで入り込んでいる可能性が高いです。

その為、きれいに拭き取ったと思っていても中にカビが残ってしまいまたカビが再発してしまう原因となってしまうのです。
そこでまず試したいのが天日干しです。太陽光に含まれている紫外線には殺菌効果があります。これが繊維の中にまで侵入したカビをやっつけてくれるんです。

重曹水

天日干しで取りきれない場合は重曹水を手作りしてみましょう。

◆準備するもの

  • クエン酸
  • オリーブオイル

重曹水の作り方

1水1000mlに対して小さじ1の重曹を溶かして重曹水を作ります。乾いた布に重曹水を含ませて、バックについているカビを優しく拭き取ります。
2クエン酸とオリーブオイルを1:1の割合で混ぜ合わせたものを布に含ませて、バックにまんべんなく塗り込みます。重曹水で拭いただけだとバックの油分が取れてしまい革が白っぽくなってしまうのを防ぎます。
3バックの表面に残った油分をしっかりと落とします。この時に油分が残っているとカビの原因になってしまうので乾いた布でしっかり拭きましょう。

消毒用エタノール

天日干しでもカビが取りきれない場合は消毒用エタノールで拭き取りましょう。
この時に革の種類によっては変色してしまうことがあるので目立たない場所で試してから行う様にしてくださいね!

消毒用エタノールを布に含ませ、カビが生えている部分を優しく拭き取ります。
殺菌効果がありカビを撃退してくれるのですが、色落ちする事もあるので注意が必要です。

※エタノールは引火性です。使用時には部屋の換気をして手袋の着用をおすすめします。使用時、保管時には火器のそばに置かない様に気を付けてください。

カビを防ぐためにできること

一度カビが生えてしまうと取り除くのが大変です。
その為、カビの予防法を知っておくことが大切です。

カバンに物を詰め込みすぎない

カバンに物を隙間なく詰め込んでしまうと空気が通りづらくなってしまいます。
きちんと空気がいきわたる様に余裕をもって詰め込むといいでしょう。

空気の入れ替えをする

クローゼットや押し入れを開けて扇風機やドライヤーを使って風を送りましょう。
ただ、扉を開けているだけではクローゼットや押し入れの中の空気は循環しません。
気が付いた時に風を送って空気を循環するようにしましょう。

除湿剤を置く

湿気はどんどん下に溜まっていきます。扉にかけるタイプの除湿剤もありますが、床に置くタイプの除湿剤を使う様にしましょう。

収納前に汚れを落とす

汚れはカビの栄養分となるので要注意です!
汚れがついているのなら、しっかり落とす。それからしまうだけでも随分と変わってきます。

隙間を開けて保管する

バックを収納する時に隙間を開けるようにしましょう。空気の通りをよくすることが大切です。
特に革製バックを隣合わせる事で、革同士が引っ付くことが無くなるので気をつけましょう。

不織布を使いましょう

バックを袋に入れて収納する時は通気性に優れた不織布で包むようにしましょう。
高級バックの場合は購入した時に布に包まれていることが多いですよね。
商品によっては湿気の溜まりやすい布に包まれていることもあるので、通気性の良い不織布に変えるようにしましょう。

紙を詰めて保管しよう

バックの中に紙を詰めて保管すると、紙が湿気を吸ってくれます。
この時使用する紙はできれば何も印刷されていない白い紙がおすすめです。紙に文字が印刷されているとバックの内側に印刷の色移りがしてしまう可能性があるので注意が必要です。

それでもカビが落ちない場合は

カビを落とす方法や防ぐ方法をご紹介してきましたが、どうしても落とせない場合はプロにお任せしましょう。
バックにもクリーニングがあります。
バックのクリーニングについてはこちらに詳しく書いてあるのでぜひ参考にしてみてくださいね!

カバンのクリーニング方法と料金は?