いまさら聞けないメンズカバンの基礎雑学

普段のファッションや通勤に欠かせないアイテムの一つといえばバッグですよね。

近年は、コンビニから百貨店までありとあらゆるところでバッグが手に入ります。

バッグの種類や形状も多岐にわたり、その数は計り知れません。

そこで今回は、バッグの形状・種類・名称などに関する基礎雑学をご紹介します。

バッグに関する知識があれば、自分好みのコーディネートもしやすくなりますよ!

バッグの形状・種類・名称一覧

世の中に流通しているバッグは、片手で持てるもの、背負うものなど種類はさまざま。

以下で、メンズバッグとして主流のバッグをまとめました。

基礎雑学としてチェックしておきましょう。

カバンは洗濯機で洗ってもいい?バッグの素材・形状別に手入れ方法をご紹介

ハンドバッグ

男性として利用している人はまだまだ少ないハンドバッグ。おもに少量の荷物を持ち運ぶのに適しています。

オリジナリティあふれるものから、有名人ご用達のハイブランドものまで、ゴージャスで品のあるスタイルを演出できるでしょう。

トートバッグ

トートバッグとは、耐久性のあるキャンバス生地で作られた四角形のバッグです。

最近では、キャンバス生地のものだけでなく、本革やナイロンで作られたものも増えています。

シンプルで開口部が広いので荷物の取り出しにも便利ですよ。

クラッチバッグ

クラッチバッグ最大の特徴は、ハンドバッグのような取っ手が付いていないこと。

クラッチバッグの名前の由来は、握る・掴むといった意味の「クラッチ(clutch)」。その名の通り、抱えながら持ち運ぶことが一般的です。

バッグひもを肩にかけるとスーツやシャツにしわができる場合もありますが、クラッチバッグにはそのような難点がありません。

ショルダーバッグ

ショルダーバッグはハンドバッグに比べ、肩にかけやすいようにデザインされたカバンのことです。

フォーマルシーンやカジュアルシーン問わず、さまざまな日常生活で活躍します。

ほとんどのショルダーバッグには長さ調節可能なベルトが付いています。

ボストンバッグ

旅行で使える収納性が特徴的なボストンバッグ。マルタのような形状が可愛らしい雰囲気を演出しています。

ボストンの名前の由来は、ボストン大学の学生が利用していたことから来ているようです。

ボストンバッグという名称は和製英語なので、海外では通用しません。

ポシェット

ポシェットとはフランス語で小さいポケットのことを示します。

基本的には長めのストラップが付いた小さいバッグのことをポシェットと呼ぶと良いでしょう。

ポシェットの利用者は男性に比べて女性のほうが多い傾向です。

サコッシュ

ポシェットと似た形状のバッグにサコッシュがあります。

サコッシュもポシェットと同様にフランス語から由来しており、カバンや袋という意味があります。

バッグの特徴はマチがなく、平らな形状であることです。

リュック

荷物の持ち運びに便利なのがリュックですよね。

小学校で利用するランドセルのように背負うことが一般的です。

名前の由来はドイツ語の「ルックザック(背中袋)」からといわれています。

スーツケース

旅行カバンとしてよく用いられるのがスーツケース。

平らで長方形のものが多く、とても収納力に優れています。

二枚貝のように開閉できるので、大きな荷物も持ち運べるでしょう。

キャリーバッグ

スーツケースと同カテゴリーに分類されるのがキャリーバッグです。

スーツケースとの違いは、キャスターの有無。

キャスターが付いていれば、キャリーケースと呼ばれることがほとんどです。

ブリーフケース

ブリーフケースとは、一般的に書類を持ち運ぶカバンのことを指します。

スーツケースのように四角い形が特徴です。

ビジネスシーンにおいても利用されること多く、革やナイロンの製品など多くのブリーフケースが販売されています。

エコバッグ

エコバッグとは、エコロジー(環境活動)によって創造されたバッグのことです。

おもな用途は、スーパーやコンビニで利用されるレジ袋の代用品。

また、エコバッグの別名としてマイバッグと呼ばれることもあります。

エコバッグはナイロン製、キャンバス生地なものが多い傾向です。

ウエストバッグ

ウエストバッグとは腰(ウエスト)に装着するコンパクトなバッグのことです。

ウエストバッグに荷物をしまえば、両手が空くので、ウォーキングやランニングなどの運動時にも用いられます。

クリアバッグ

クリアバッグは近年若者の間ではやりになっているファッションアイテムです。

浮き輪のようなビニール素材でできており、適度な透明感がおしゃれだと女性人気も高まっています。

ビニール素材なので水にぬれて、型崩れするようなこともありません。

まとめ

今回は、バッグの形状・種類・名称などに関する基礎雑学をご紹介しました。

トレンドバッグから定番の王道アイテムまでたくさんのバッグが販売されてます。

本記事で紹介したバッグの名称は基本的なものばかりなので、押さえておきましょう。

カバンに関する雑学を覚えて、ご購入する際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

葬儀に使うバッグ(素材・形状)とは?マナー違反にならない大人の講義