バッグの持ち手を補強!ハンドルカバーでカバンの劣化を避けよう

「バッグの持ち手が固くて手が痛い」

「持ち手がすぐに汚れてしまう」

「持ちにくいバッグをもっと快適に持ち運びたい」

そう悩んでいる人におすすめなのが”ハンドルカバー”です。

最近では、100円ショップのトラベルコーナーで買うこともできる便利アイテム。

今回は、そんなハンドルカバーの魅力についてご紹介します。

バッグの取っ手部分を覆うだけで、快適にバッグを持ち運べるようになり、日々のお出かけも楽しくなりますよ!

バッグに取り付けるハンドルカバーとは

ハンドルカバーとは、バッグの持ち手に付けるアイテムのことです。

バッグを持つ際は、持ち手を常に手を当てることになりますよね。

しかし、手汗や手の汚れによって次第に劣化してきます。

そんなバッグの劣化を防ぐために必要なのが、ハンドルカバーなのです。

ハンドルカバーの材質には、レザーやナイロン、帆麻などさまざまなものがあります。

革製品のバッグは汗により革が劣化することもありますが、ハンドルカバーを付けていれば劣化を防げるので、革の保存状態を高水準に維持できるでしょう。

ハンドルカバーの値段は高いものだと数万円、安いものだと100円ショップでも購入可能です。

ハンドルカバーよりも強力な汚れ防止策!ガラスコーティングとは?

ハンドルカバー(バッグの持ち手に装着するもの)の魅力

ハンドルカバーの魅力とはいったいどのようなものなのでしょうか。

ここでは、まだ知らないハンドルカバーの魅力についてご紹介します。

バッグの持ち手が汚れない

バッグの持ち手が汚れないことは、ハンドルカバー最大の魅力です。

せっかく高いバッグを買っても、すぐに汚れてしまっては困りますよね。

そんなときには、ハンドルカバーを利用してみてはいかがでしょうか。

ハンドルカバーが汚れても、またすぐに取り換えられるので、バッグの持ち手が汚れることを防止できますよ。

カバンのクリーニング方法と料金は?

持ち手をコンパクトにまとめられる

ハンドルカバーは、バッグの持ち手が汚れることを防止するだけでなく、持ちにくい取っ手をコンパクトにまとめられます。

とくにカゴバッグは持ち手がかさばって持ちにくいですが、1つの持ち手にまとめると便利ですよ。

滑り止め付きのハンドルカバーなら、肩にかけてもずれ落ちるとこはありませんね。

バッグの印象を変えられる

ハンドルバッグはバッグ見た目を簡単に変えられます。

シンプルでどこか質素なイメージのあるバッグも、華やかなハンドルカバーを利用すれば、あっという間に魅力的なバッグになるでしょう。

お出かけするときの気分に合わせて付け替えられるのも、ハンドルカバーの魅力ですね。

持ち手にクッション性を持たせる

荷物が多い人にとっては、バッグの持ち手が肩や手に食い込んで痛くなることってありますよね。

しかし、ハンドルカバーを付ければ、クッション性をもたらせることができるので、持ちやすさが格段にアップするでしょう。

持ち手の部分が痛くて持てなかったバッグもハンドルカバーを利用してみてはいかがでしょうか。

バッグの持ち運びを快適にするハンドルカバーの選び方

ハンドルカバーの魅力がわかったとはいえ、どのようなハンドルカバーを選べば良いか分かりませんよね。

以下では、初心者でもわかるハンドルカバーの選び方をご紹介します。

選び方のコツを押さえておきましょう。

バッグのサイズに合わせる

ハンドルカバーを選ぶ際に気を付けるべきポイントは、サイズ感です。

せっかくハンドルカバーを購入しても、サイズが合わなければ使い物になりません。

また、使用している途中にずれてきたり、不格好な見た目になったりすることもあるでしょう。

ハンドルカバーを装着するときは、自分が日ごろから利用しているバッグの取っ手のサイズ感を理解しておくことが大切です。

バッグとハンドルカバーの色合いを統一させる

バッグとハンドルカバーの色合いを統一させることも大切です。

ハンドルカバーには、さまざまなデザインやカラーが存在しています。

初心者はなるべく同系色のハンドルカバーを選ぶとお持ちのバッグになじみやすいでしょう。

ハンドルバッグに飽きてきたら、差し色として派手なカラーを選ぶこともできますよ。

素材で選んでみる

ハンドルカバーにはさまざまな素材のものが販売中です。

最近では、豪華なファーが付いたものや革製のハンドルバッグもあります。

ハンドルバッグはバッグの持ち手の劣化を防げる一方で、持ちやすさにも影響してきます。

ハンドルバッグを選ぶ際は、サイズやカラーだけでなく素材にもこだわってみてください。

ハンドルバッグのデメリットはある?

ハンドルカバーをつけるにあたってデメリットになることもあります。

ハンドルカバーとバッグの持ち手の素材の組み合わせによっては、バッグの持ち手に摩擦やねじれが生じ、羽毛立ちが目立ってしまうことも少なくありません。

ハンドルカバーを購入する際は、商品説明文や取り扱い説明書をかならず読んでから装着してくださいね。

「ハンドルカバーでバッグ劣化防止」まとめ

今回は、バッグの劣化防止に最適なハンドルカバーの魅力についてご紹介しました。

ハンドルカバーをという言葉に聞きなじみのなかった人でも、たくさんの魅力があることが理解できたでしょうか。

バッグの劣化を防ぎ、快適な荷物の持ち運びをするためにも、ハンドルバッグを利用してみてくださいね。

カバンは洗濯機?それとも手洗い??注意点とタイミングを解説